能面.jpg

あ や し い 書 簡 箋

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
幽霊の足跡
足跡

京都の来迎寺(らいこうじ)と云うお寺の座具に、幽霊が残した足跡が在る。

来迎寺

何でも、寛保3年(1743年)7月14日の事。江戸小網町(小石川)の大工の妻、お石と名乗る1人の女人が来て、回向(えこう〜死者の成仏を願って仏事供養をすること)をお願いした。つまり、此の女は死霊(しにすだま〜幽霊)であります。成仏出来ず、彷徨っていると云う。
時の慈天上人は、法名
「心光清蓮」を授けて念仏回向された。お石は「お礼に、私の足跡を残します」と云うと、姿を消した。

此の
座具は、現在も立派に祀られている。HPにカラー写真が載っております。

縁起
↑幽霊ノ足跡縁起

腑に落ちないのは何故?江戸からわざわざ大阪に行ったのか?ですな。江戸にも立派な回向寺は在るのに。まあ、幽霊のする事ですから、距離等は関係無いんでしょうが。
| 19:47 | 玄妙其の他 | - | trackbacks(0) |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hachi-style.jugem.jp/trackback/379
<< NEW | TOP | OLD>>