能面.jpg

あ や し い 書 簡 箋

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
ジェームズ・ディーンと愛車ポルシェ・スパイダー550の呪い
 ジミー
↑ジェームズ・ディーン

3本の主演映画で、人々に鮮烈な印象を残した不屈の映画スター、ジェームズ・ディーン(以下J・ディーン)。
カーレースが大好きだった彼はロサンジェルスからサリナスのカーレースに出場するため、愛車のシルバーのポルシェ・スパイダー550に股がり、41号線を走らせていた。後方にはカメラマンと友人の俳優ビル・ヒックマンがステーション・ワゴンと空のトレーラーを曵きながら付いていた。しかし、1955年9月30日の夕方5時45分頃、サリナス近くの46号線と41号線との東側の分岐点(Y字路)前方から走ってきたフォードと正面衝突して首の骨を折り、即死した。享年24。スターの座に居たのは、僅か1年間。

ジミーズポルシェ
↑大破したジミーのポルシェ・スパイダー550

助手席にはメカニック担当のラルフが同乗していたが、彼は衝突の衝撃で外に投げ出され、重傷を負ったが命は取り留めた。フォードのドライバーは、擦り傷で済んだ。
事故は当初、ディーンのスピードオーバーが原因と云われたが、其の後の調査で、フォード側がセンターラインを超えて来たことが原因と判明している。


↑途中ガソリンスタンドに寄っている時の愛車ポルシェとディーン。此の後、事故にあった。

其の不運な死と共に、大破したポルシェの後日談として、忌まわしい伝説が残っております。

専属デザイナーだったジョージ・バリスは「あのポルシェを視た時、とても嫌なものを感じた。ジミーにサリナスには行かない方が善いと云ったんだ」。
名優アレックス・ギネスもJ・ディーンに忠告した1人であり、多くの知人達が不吉な予感がし、中止するように云っていた。多くは霊感など持っていない人たちであったそうです。

扨(さて)、事故車のポルシェ・スパイダー550は多くの部品は壊れていなかったため、ジョージ・バリスが残骸を買い取った。未だ使用可能な部品は回収することにしたのです。しかし、彼のガレージに持って行き、運搬車から下ろす際に不意に落下し、作業員の足を骨折させた。
翌年1956年、2人の医師がバリスからエンジンとトランスミッションを買い取り、共に自分たちのレースカーに搭載した。2人が挑んだロスアンゼルスのポモナ・レースでは、その1人、スパイダーのエンジンを搭載したウィリアムス医師の車はレース中にタイヤが外れ、居合わせた警官に怪我を負わせた。もう1人のトロイ医師は、スパイダーのバックスイングアームを譲り受けたが、レース中にスピンし、樹木に激突し死亡した。
ジョージ・バリスが所有していたボディは、カリフォルニア警察主催の交通安全キャンペーンに展示されることになり、各地をツアーすることになった。
1959年、スパイダーボディを置いていた警察署のガレージで火事が起こり、崩れ落ちてしまった。
サクラメントの高校では、展示台からスパイダーのマウントが落ちて、高校生が重傷を負った。

数週間後、スパイダーはサリナスに送られることになったが、その途中運搬車がスリップして衝突事故を起こし、運転手は外に投げ出されて死亡した。
オークランドでは、トラックに積まれていたボディが突然2つに割れ、一部が道路に転がり、別の事故を誘発させた。
オレゴンでは運搬中、トラックのブレーキが故障し、スパイダーごと店に突っ込んで店舗を全壊させた。

1959年暮れ、ニューオリンズに辿り着いた時は、スパイダーのボディは11ピースまで分解されていて原型がなくなっていた。バリスは十分な時間をかけて修理しようと思った。
1960年、マイアミでの展示を最後に、今度は貨物列車で輸送することにした。
しかし、此の輸送中、スパイダーの残骸は、忽然と消えてしまったのです。

バリスは私立探偵まで雇って行方を探したが、未だに消息は掴めていないのだそうです。

当時、此の事件は「J・ディーンの呪い」と、云われましたが、どうやら車に原因があるようです。まるで悪魔のような車であります。災いを起こさんがため、車体はバラバラになっても、まだ意志があるような・・・。J・ディーンはそんな車を愛してしまった。彼の事故にまつわる怪奇話であります。
| 19:42 | 玄妙妖奇事件 | - | - |
スポンサーサイト
| 19:42 | - | - | - |
<< NEW | TOP | OLD>>