能面.jpg

あ や し い 書 簡 箋

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
磐梯山の人喰い怪物

↑瓦版「奥州会津怪獣之絵図」

 

天明元年(1781年)、江戸の時代、東北一帯で、子供が行方不明になる事件が続発し、東北諸藩には調査する旨、通達されていた。そして調査の結果、磐梯山に棲む怪物が子供を捕らえて喰っていることが判明した。

広範囲の藩から多くの狩人が集まり、怪物を退治するべく磐梯山を取り囲んだが、怪物に鉄砲を撃っても、皮が分厚いのか跳ね返されてしまった。しかし、翌年、天明2年7月22日(1782年)、会津磐梯山中にて此の怪物は仕留められた。南部藩浪人・松前三平と云う鉄砲の名手が、大筒を用いて退治した。松前三平は、其の後、御馬廻(大名護衛職)に取り立てられたそうだ。

怪物討伐の顛末は「奥州会津怪獣之絵図」として当時、瓦版になり、世間に広く知れ渡った。体長約4尺8寸(約1,44m)。全身、毛に覆われ、1丈7尺(約5m)の尾を引きずっていた。大きな目に耳まで裂けた口からは大きな牙。また、鼻は尖った鳥の嘴(くちばし)のようで長く、手足に水掻きが付いていたと書かれてあった。

 

怪物の正体は何だったのだろうか?発見された場所や日時、姿などが克明に記録されているので、あながち嘘とも思えない。捕獲したと云うことは現物が存在したと云うことだ。江戸時代と云うことで写真など証拠らしきものは残されていない。せめて木乃伊(ミイラ)にでもして、保存されていればと思うが、現代でもそんなものが残っていても誰も信用しないであろう。

| 23:17 | 玄妙倭國伝説・民話 亜細亜 | - | trackbacks(0) |
もの陰で啼くもの


↑川赤子(かわあかご)
 

山川のものくずのうちに、赤子のかたちしたるものあり。これを川赤子といふなるよし。川太郎、川童(わらは)の類ならんか。
 

山中や川辺で啼(な)く赤子が居ると云う。其れは此の世のものでは無い。物怪である。元話は「異様な場所で赤子のような声を聞いた」と云うものであろう。文中、「川太郎」と云う名が出てくる。地方名の所謂(いわゆる)「河童」であります。「河童を捕まえた」と云う文献の中に、似た様な話が在る。
 

河童のいるところ
 

享和元年(1801年)6月1日、水戸浦内。川にて漁師が網で妙なものを捕獲した。14、5匹居て、赤子のように鳴いた・・・と云う。河童は山中には居ない。例えば山中の沼などならそうかもしれない。
 

目撃例が多いものに「緑色の人間らしきものが町を歩いていた」と云うものがある。此れも陸に上がった河童かもしれない。子供と相撲をとる・・・とも云う。すると陸でも生きていけるらしい。頭のお皿に水が入っているうちは陸でも動けると聞いた。なら山中でも大丈夫なのかもしれない。
 

つまり、川赤子は河童ではないか?と思った。
 

以前、TVで元ボクサーが子供の頃、川で河童を捕まえたと云う。羽交い締めにし、「てめえ、何者だ?!」と云うと「河童だ」と答えたそうだ。まるで笑い話のようだが本人は真面目に語っていた。「河童って喋るんだ」と、わたしゃ単純に思った。
 

一見、ユーモアな奴であるが、川の中に人間を引きずり込んで、尻子玉(魂)を尻から抜くとも云う。恐ろしい奴でもある。

| 09:12 | 玄妙倭國伝説・民話 亜細亜 | - | trackbacks(0) |
天日子尊(あまひこさま)
 


明治8年4月14日/東京日日新聞


越後湯沢にて30日程前、田んぼの中で人を呼ぶ者が居た。

視れば人では無い。異形の化け物である。誰も恐ろしくて側には寄らなかったが、或る士体の人が通りかかり耳を傾けた。

「我は天日子(あまひこ)の尊(みこと)なり。今此処に出現したる次第は当村に於いて是より7年の間、凶作うち続き人口追ひ追ひに滅じて今の半分に至らんとす。予、此れを哀れみて諸人に告げ知らせ我が此の影像を写して家ごとに貼り置き、朝夕我を敬ひ尊みて祭るべし、そうすれば7年の災難を免(まぬ)かるる事あるべし」と宣(のたま)わった。

そして村の人々は家家の軒先に貼り置いた。


此の神事事例はともかく、軒先に天日子尊を貼ったのは事実であります。明治の初期、新聞記事に載ったものです。現代でも視られる。何処其処の坊主か山伏の類いが云い出したものと思われます。他にもこういう話が多々ある。惨事やらを予言して金銭など穫ったり、新興宗教を施したりしたのではないか?もっと歴史は古い筈であります。

予言を施す宗教家と云う者は大方詐欺師です。真の宗教家は其の昔から庶民のために、同じ目線で共に開墾をしたりして人々の幸せを願った人達です。

金銭をたかる者は宗教、神道を利用した偽者たちです。

| 00:27 | 玄妙倭國伝説・民話 亜細亜 | - | trackbacks(0) |
鎌倉攻めの地蔵伝説


元弘3年(1333年)、鎌倉執政者は北条高時。鎌倉の最期の時の逸話です。

腹切りやぐらでの異体験
高時首塚
腹切りやぐらと万葉集の神社

天園(てんえん)ハイキングコース瑞泉寺鎌倉口。高時首塚とされる場所から少し山を昇った辺りの高い場所に「貝吹地蔵」が置かれています。此の地蔵は元弘3年(1333年)、新田義貞軍の鎌倉攻めの時、「もう最期だ」と東勝寺に火をつけ、裏の「腹切りやぐら」にて自害した北条高時の首を守りながら、逃げ場に迷っていた家臣達に貝を吹いて瑞泉寺まで導いたのだそうです。



戦国の此の時代、敵大将の首を持ち帰る事が勝利の証です。
「そうはさせぬ!」と生き残った家臣達が山中に高時の首を脇に抱え、逃げて来たのです。幸い首は高時首塚とされる辺りに埋めたとされます。家臣たちも自害したとされますが、其の碑さえ無い。小さな穴やぐらが北条一族のもの・・・とされています。小振りな五輪塔らしきものもあるけれど、説明板などは無い。よく解らない。「此処等辺り」ってことなんでしょうか?
確かに敵から隠したんですから解るような処には埋めないし、語られなかったでしょう。瑞泉寺に何か痕跡は無いんでしょうか?

此の地蔵、山道脇では無く、何故か?やや高い山腹にあるんです。ハイカーは知らず、誰も近寄りもしない。
ブロックの上に茶碗やらが置かれ、朱い布が首に捲かれております。マイナーな感じですが、目立たず其処に居る・・・って姿勢が、わたしは好きです。今度行った時は、水と貝を置いて来ようと思います。

今年も鎌倉は夏を迎え、知り合いも多く鎌倉を訪れています。小町通り、海、お寺や神社散策、グルメ等。鎌倉は魅力的です。古都・・・と云うと聞こえが善い。が、此処は京都とは違い、古戦場だ・・・と云うこともお忘れ無く。700年前、鎌倉攻めで八幡宮一帯から山あいは血塗れになった処です。天皇族が幽閉された豪、やぐら、寺、神社の存在。怨霊やら奇異伝説が渦巻く場所でもあります。わたしもこういう処を視た帰りはグルメってますがね。色んな角度で鎌倉を楽しむことが善いと思います。
| 06:12 | 玄妙倭國伝説・民話 亜細亜 | - | trackbacks(0) |
仇せし狐


明治の頃の話であります。
堺県下河内国額田村(ぬかたむら)の水呑(みずのみ)百姓、勘三郎(37歳)、妻みね(29歳)、子8歳、幼児の4人家族。勘三郎は日毎、麦畑と茄子(なす)畑を耕し、夜は草鞋(わらじ)を造り時折市場に出向いて其れを売りて、家族4人が細々と暮していた。

そんな5月上旬も同じ様に畑に出ていた。昼も近くなれば、みねが畦道伝いに薬缶(やかん)と午饗(ひるげ)の行厨(べんとう)を提(ひさげ)ながら「勘三郎どの、弁当は此処の松の根に起きますぞ。冷めぬうちに喰うてしまやしやんせ」と云い、立ち去った。
鍬仕事を終え。昼飯にありつこうと松の木に来てみれば、弐匹の野狐が飯を喰いいっていた。「おのれ!畜生の分際がぁ!大事な儂(わし)の昼飯を!」と、手に持った鍬を振り回した。野狐らは叫びながら雲を霞と逃げ去った。
「命冥加のある奴らよ」と、ほくそ笑みながら狐が逃げるさまを見やった。

仕事も終え、家路に着き、眠りにつくと丑三つ頃、瀬戸の辺りで頻(しき)りに狐の吠える声。さも恨めしげに聞こえた。其の声が耳に残って寝苦しかった。「扨(さて)は昼間の狐共か?」雨戸を開け辺りを見回しても陰も無し。其の日から夜毎々其の鳴声がし、眠れぬ夜を過ごした。「いい加減にしやがれ!儂の弁当を喰ったお前らが悪いんじゃねえか!今度吠えやがったら弐匹とも殺してやるぞ!」と、待ち受けるも何も声がしなくなった。安心したか其の侭、幾晩の疲れもあり、深い眠りについた。
明け方、何ぞが戸を叩いた。「おみね、おみね」と呼ぶ声に女房おみねが眼を醒ますが誰もいない。再び床につくと「おみね、おみね」と外で呼ばう。寝床から出ると子供たちも眼を醒まし、「おかん、何処行くの?一緒に行く」と縋(すが)りつくので共に庭に出て行った。

勘三郎は午前7〜8時ぐらいに起きた。寝坊である。声を急立(いらだ)せて「おみね、おみね」と呼んだ。襖を開けるとおみねも子供も居ない。慌てて近所四辺(あたり)の者達に聞き入り、探せど見付からない。不思議に思いつつなす術も無い。
折柄、村人が「おみねどんが、おみねどんがぁ!」と溜池を指差し、只成らぬ事!と奔った。「まさか!まさか」溜池には溺れ死んだと視られる、おみねと子供二人の遺体があった。
「野狐めが仇(あだ)せしものに違いない。無念じゃ」勘三郎は其の場に泣き伏した。
松原警察署に届けたのは四五日後だったと云う。


扨(さて)、此の話は民話では無い。明治13年5月27・28日、朝日新聞に掲載された事件であります。しかし、新聞には神経症ではないか?と書かれている。

原文「心経病(しんけいびゃう)よりなせし所為(わざ)と思はれるど世には奇なることもあるものかなと或人(あるひと)の物語り」
| 20:05 | 玄妙倭國伝説・民話 亜細亜 | - | trackbacks(0) |
| 1/26 | >>